23日 4月 2022
一年数ヶ月前のお話しですが、私の母の左目が急に見えなくなりました。 右目は十数年前に失明しており、見えている方の左目です。 見え方は、うっすら?ぼんやり? 何とも本人じゃないので表現しがたいのですが、ほんの少しの光は見えるとのこと。 それでも歩くこともままならず、家の中全てにおいて誘導しなくてはいけませんでした。...
噓と本当 · 16日 1月 2022
自身が決めたスタンスから変えることなくそれから二十数年走り続け現在に至っている訳なのですが… 具体的なエピソードは書ききれない程あるものの、全てにおいて言える大事な一つのことはそこに『愛』があるということ。 愛情をかけて育てたい。 そして素直な優しい子になってほしい。 そういう想いがあります。
噓と本当 · 22日 8月 2021
もう誰も信じられない。 信頼関係が無くなってしまったことの結果は離婚へと繋がっていくのです。 もう嘘は嫌。 そして、幼い愛しい我が子が平気で嘘をつくような人間になってしまうことはなんとしても避けたい。 とても切実な想いでした。 『そうだ!嘘という言葉を失くそう』 嘘という言葉を言わない。思考からも排除するということです。...
噓と本当 · 08日 6月 2021
嘘をつかれ裏切られ、深く傷付いても時と共に癒えていく。 そんな風に経験を重ね様々な出来事を乗り越えて行き大人になっていく。 長年生きていれば、嘘をつかれたり裏切られることは何度も経験することになる。 その時の事情にもよるが、裏切られたと感じる程の嘘なら当然その後は警戒心も強くなり、信じても良い相手なのかどうか見極める力も養われる。...
噓と本当 · 01日 5月 2021
過去から順を追って… 昔、20年以上も前のこと、『君に嘘はつかない』と言われたことがありました。 『君』の部分は、君であったか名前であったかは定かではありませんが、そこは問題ではありません。 当時はその言葉を『この人は私に本当のことを言ってくれるんだ』とそのまま受け取り、ほんの少しの違和感を残しただけでした。...

お問い合わせは無料です

メールでのお問い合わせは

24時間受付可能です

お電話でのお問い合わせ先

090-9524-9711

(10:00~19:00)

番号を通知しておかけください

 モバイルサイト
 モバイルサイト